ドイツ・プラハ旅行記3日目

 

 ドイツ・プラハ旅行3日目。

 (一日目から読みたい方は、こちらからどうぞ。)

 

 そして3日目はローテンブルグから、ロマンチック街道を走るバスでミュンヘンまで行く予定でした。結構距離があるため、13時にバスに乗り、ミュンヘンに到着するのが夕方18時くらいの予定です。

 

 ヨーロッパは石畳の道が多く、スーツケース持ちにはとても辛いです。。そのため、ホテルからバス乗り場まではタクシーを利用することにしました。

 これが大きな間違いとなりました・・・

 

 そう、15分前に来るように指定したタクシーが待てども待てども来ないのです。。ホテルの人も怒ってタクシー会社に電話するも、なかなか来ず・・もうバスの出るギリギリの時間でタクシーが到着!

 『海外は時間にルーズって聞くから、バスも時間通りに出ないかも。そしたら間に合うかな~』

 と考えつつバス乗り場に到着。しかし・・・・もうバスはいませんでした。ドイツは時間に几帳面です(泣)。

 

 しかし!ここで空気を読むタクシー運転手。

 

 運転手 「どこのバス会社?どこに行く予定だったの?」

 

 私「ミュンヘン行のバスです。でも行ってしまったみたいですね・・ロマンティック街道を通るバスです。」

 

 そこからタクシー運転手がなんと猛スピードで走りだしました!!バスを追ってくれているみたいですが、あまりの速さに怖い!しばらく町中を爆走したら、前方にバスが見えます。

 

 「あっ!あのバスです」

 

 運転手、コーナーをショートカットしバスの前方に割って入る!・・かと思いきやバスの後ろにぺったり着き、ハザードを灯してバスを停めました。

 

 バス運転手「まったく、クレイジーなタクシーだ」

 みたいな文句を言いつつ、バスに乗せてくれました。。ちなみにタクシー運転手も「ぼくのせいで彼女たちが遅れてしまったんです。」とバス運転手に言ってくれました。

 

 思いがけずカーチェイスを体験することになってしまいました。ちなみにこの事件が、今回の旅行で一番冷や汗をかいた体験でした。

 

 ↑このバスです。乗客は日本人の方が多かったです。バス運転手は陽気なドイツ人でした。


〈〈前の記事                             次の記事〉〉