相続が発生したら~相続手続きの流れ~

相続の概要について

「父が亡くなったけど、どこから手続きすればよいのかわからない」

「自分が亡くなった後、誰が相続人になるのだろうか」

 

よします司法書士事務所では、このようなご相談をお受けすることが多々あります。

このページでは、相続が起こったときにどのような流れで手続きをするのか、ご説明いたします。

 

目次

1.相続人は誰がなるの?

相続人は誰がなるの?

相続人は誰がなるのかは、法律(民法)で決められています。遺言が無い場合、基本的にはこの法律で決められた相続人が、法定相続分(後に説明します)に応じて遺産を相続することになります。

 

では、法定相続人とは、だれがなるのでしょうか?

 

  1. 配偶者(妻、夫)は、常に相続人となります。
  2. 配偶者(妻、夫)に加えて、子・孫(卑属といいます)が相続人となります(第1順位)
  3. 子ども・孫らがいない場合には、親・祖父母(尊属といいます)が相続人となります(第2順位)
  4. 2、3ともにいない場合には、兄弟姉妹またはその子が相続人となります(第3順位)

以上の相続人のうち、2の卑俗は、子がいない場合は孫、孫がいない場合はひ孫というように、どんどんと下に下がっていきます(これを代襲相続といいます)。

しかし、4の兄弟姉妹が相続人となった場合には、兄弟姉妹の子は相続人となりますが、兄弟姉妹の孫は相続人となりません。

 

なお、配偶者(妻、夫)がいない場合には、2~4のうち上位のものだけが相続人となり、子と兄弟姉妹が同時に法定相続人となることはありません。

 

 

2.相続分はどれくらい?

相続分はどれくらい?

民法では、法定相続人ごとにどれだけの遺産を相続するか割合を定めています。これを、法定相続分と言います。法定相続分は、相続人により以下のように規定されています。

 

 

  1. 配偶者(2分の1)と卑属(2分の1)
  2. 配偶者(3分の2)と尊属(3分の1)
  3. 配偶者(4分の3)と兄弟姉妹(4分の1)

 

3.相続するか、放棄するか?

相続の種類 3つの相続の仕方について

法定相続人は、法定相続分に応じて相続分を取得することになります。

しかし、仮に亡くなった方に借金しかなかった場合には、法定相続人に不測の事態となってしまいます。

 

そこで民法は、法定相続人が相続をするか否かについて、相続が開始されたことを知ったときから3か月以内に、相続するかどうかを決めるよう規定しています。

相続の仕方は、次の3つに分かれます。

 

  1. 単純承認(すべて相続する)
  2. 限定承認(プラスの範囲内で相続する)
  3. 相続放棄(相続しません)

 

 

1.単純承認(すべて相続する)

相続人が、亡くなった方のプラスの財産もマイナスの財産もすべて相続する場合のことを、「単純承認」といいます。

  • 相続人が単純承認するという意思を表したとき
  • 相続人が相続の開始を知ってから3か月を経過しても「限定承認」や「相続放棄」の手続をとらなかったとき
  • 相続人が亡くなった方の財産をつかったとき

 

このような場合には、相続人は単純承認をしたとみなされます。

そのため、単純承認をするかどうか迷っているときは、亡くなった方の財産を使わないほうがよろしいでしょう。

 

 

2.限定承認(プラスの範囲内で相続する)

 

限定承認とは、亡くなった方の遺産が全体でプラスになるのかマイナスになるのかが分からないときに行われるものです。

限定承認がなされると、相続人は、プラスの財産の限度でマイナスの財産(負債)を負担することになります。

 

ただし限定承認には下記のデメリットがあり、実際にはあまり利用されていません。

  • 相続人全員で家庭裁判所に対して申立てを行わなければならないこと
  • 遺産目録を作成しなくてはならないなど手続きが煩雑なこと 

 

3.相続放棄(相続しません)

 亡くなった方の財産がマイナスの場合、すなわち借金しか残っていない場合などは、「相続放棄」をすることができます。

相続放棄がなされると、その相続人は、初めから相続人でなかったことになります。

 

相続放棄をするためには、相続人が相続が発生したことを知ったときから3か月以内に家庭裁判所に申立てを行う必要があります。

この3か月の期限は、裁判所に申し出をして伸長することができます。

 

 

関連サービス