公正証書遺言の作り方

遺言作成の流れ

1.お客様と打ち合わせ

お客様のご希望を確認し、遺言書の内容について聞き取りいたします。

 

2.遺言書原案の作成・公証人と打ち合わせ

当職が遺言書原案を作成し、公証人と打ち合わせをいたします。

 

3.遺言書原案の確認・日程調整

お客様に遺言書原案をご確認いただき、最終的な日程を調整いたします。

 

4.遺言公正証書の作成日

お客様は実印をご用意いただき、証書に署名捺印します。

※ お客様が病気等で公証役場に向かうことが難しい場合は、公証人に出張してもらうことも可能です。

必要書類

1.お客様(遺言者)の戸籍謄本1通
2.お客様(遺言者)の印鑑証明書1通(3か月以内のもの)

3.財産をもらう人の書類

  • 財産をもらう人が相続人の場合、続柄のわかる戸籍謄本1通
  • 財産をもらう人が相続人でない場合(友人など)、住民票1通
  • 団体等へ遺贈したい場合(動物愛護協会など)、団体の登記事項証明書1通

4.財産の中に預貯金等がある場合(有価証券類を含む)

だいたいの総額をお知らせください。

明細を公正証書に書く場合は、有価証券や銀行口座等のメモ書きまたはそれらのコピーをお持ちください。

 

5.財産の中に不動産(土地・建物)がある場合 

  • 固定資産税の納税通知書または固定資産評価証明書
  • 土地・建物の登記事項証明書

 

※ 戸籍謄本や評価証明書など、一部の書類はこちらで代理取得することも可能です。お気軽にご相談ください。

 

所要期間

受任から遺言作成まで、約二週間から1か月前後かかります。

お急ぎの場合、その旨お伝えいただければ、最短で対応いたします。

 

かかる費用

公正証書遺言の作成にかかる費用は、次のとおりです。

 

①司法書士報酬 8万円(消費税別)

 ※証人代1人分を含む

 

②実費

  • 公証役場手数料 公証人手数料令による
  • 証人代1人分(別司法書士) 1万5千円~2万円
  • 証明書類の取得代など 約3000円

費用の例(Aさんの場合)

Aさんは元気なうちに遺言を残しておこうと思い、公証役場で遺言を作ることにしました。

内容は「妻にすべての財産を相続させる」という遺言です。

なお、Aさんの現在の所有財産は次のとおりです。

  • 自宅マンション 約1000万
  • 預貯金 約1500万
  • 投資信託、株券 約200万

この場合、遺言作成にかかる費用は約14万3400円です(内訳は下記のとおり)。

  1. 司法書士報酬 8万6400円
  2. 公証役場手数料 約4万円(出張費は含まない)
  3. 証人代1名分 1万5千円
  4. 他実費 2000円