すでに完済「基本料金は0円」

 よします司法書士事務所では、「完済後の過払い金返還請求」について、基本報酬0円でお受けしております。新たな手出しがないので、安心してご依頼いただけます。 

  詳しくは料金表、または、お電話にてお問い合わせください。

 

 

過払い金請求のできる方とは

 よくあるお問い合わせのひとつに、「過払い金返還請求をしたいのですが・・」とご相談されることがございます。 

 

 消費者金融やクレジット会社で、過去に借金があって完済している方。または、長期間20%を超えるような金利でお借入されている方は、過払い金返還請求ができる可能性があります。

 

そもそも過払い金とは?

 過払い金とは、「払い過ぎた借金」のことです。

 過払い金は、高い金利でした借金を、低い金利で見直すことで算出でき、もちろん取り戻すことが可能です。

 

 <金利に関する2つの法律とグレーゾーン金利>

 金利に関する法律は、主に2つあります。

 ひとつは、「利息制限法」です。借金の額によって、年15~20%という上限が定められています。しかし、この法律をやぶったとしても、罰則はありません。

 もうひとつは、「出資法」です。年29.2%という上限が定められています。この法律をやぶった場合には、「利息制限法」とは異なり、罰則があります。

 

 ということは、利息制限法をやぶっても、出資法を守っていれば、「罰則がない」ということになります。

 この曖昧な金利のことを、「グレーゾーン金利」といいます。 

 

 <貸金業者の思惑とグレーゾーン金利>

 貸金業者はなるべく「高い金利でお金を貸したい」と考えています。よって、当然、グレーゾーン金利(罰則がない高い金利ぎりぎり)でお金を貸します。

 

 「過払い金」は、グレーゾーン金利(例:29.2%)でした借金を、利息制限法(15~20%)で見直すことで、算出することができます。

 

過払い金を取り戻すには?

 まず、貸金業者に対し、高い金利で借りていた頃の「取引履歴」を開示させます。
 次に、この「取引履歴」を、低い金利の利息制限法で見直し、過払い金があるかどうか、徹底的に調べ上げます。
 結果、過払い金がある場合、貸金業者に対して過払い金の返還を請求し、交渉を経て、取り戻すことができます。 
 

 ぜひ専門家にご相談ください。

 

 ⇒過払い金返還請求に関するご相談はこちらから。

 

代表者からの一言

  • 昔、高い金利でお金を借りていたが完済した。
  • 完済してから5年経っていない。

 このようなお客様は過払い金が請求できる可能性が非常に高いです。ただ、現実問題として過払い金が現金で帰ってくるかどうかは、相手方(サラ金やカード会社)により異なっているのが現状です。

 『自分にも過払い金はあるのかな?』など、疑問点やご不明な点がございましたら、まずは専門家にご相談ください。

 債務整理に関するご相談は無料で行なっておりますので、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

 ⇒過払い金返還請求に関するご相談はこちらから。