· 

亡くなった方の負債を返済したら、相続放棄が出来なくなる?

亡父の借金を支払った後に、相続放棄ができますか?

先日、父が亡くなりました。父は預金が100万ほどありましたが、500万を超えるカードローンもありました。

カードの料金や税金の滞納があったため、私が支払いしました。支払った後に、知人から相続放棄のことを教えてもらいました。さらに、相続財産を一部でも処分すると、相続を承認したものとみなされ、相続放棄が出来なくなるともいわれました。

この場合は、私は相続を承認したものとみなされて、相続放棄が出来なくなってしまうのでしょうか。

 

ご自身の預金からの支払であれば、問題ありません。

今回お支払いのために使ったのが、ご自身の財産なのか、亡父の財産なのかによって、結論が異なります。

ご自身の財産から支払った場合は、特に問題ありません。債務の支払い自体は、相続財産の処分とはみなされません。

 

しかし、亡父の預金などから支払いをした場合については、見解が分かれています。亡き父の財産を使ったこととなり、相続財産の一部を処分=相続を承認したものとみなし(単純承認)、以後、相続放棄はできない可能性がございます。

 

参考判例

  • 相続人らの固有財産である死亡保険金をもって行った、被相続人の相続債務の一部弁済行為は、相続財産の一部を処分したことに当たらない(福岡高宮崎支決平10.12.22家月51.5.49)。

〒270-1341 千葉県印西市原山一丁目1-1 渡辺原山ビル201

☎:0476-36-7953 

 

【営業時間】月〜金 9:00〜18:00、土 9:00〜12:00
※土曜日は事前予約が必要です。