養育費

養育費とは、子どもの食費、医療費、学費などの生活費のことです。養育費は子どもの大事な権利です。

離婚によって夫婦の関係は切れても、親と子の関係は切れません。どちらの親も子どもを養育し、幸せにする責任があります。

養育費の取り決めについて

支払い期間については、一般的には未成年の子が成年に達するまでとされています。

その金額については、双方の話し合いにより定められます。父母が話し合い、子どもの生活と成長のためにどれくらいの金額が必要か、双方が納得する額になることが望ましいです。

養育費の標準的な金額については、裁判所によって作成された「算定表」が参考になります。「算定表」に父母の年収をあてはめ、適切な額が決められるようになっています。

この「算定表」は、裁判所のホームページで見ることができます。

 

 

養育費を話し合いで決められないときは

養育費の金額や支払い方法などについて、両親で話し合いができないとき、又は話し合っても平行線のときは、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。

 

 

お問い合わせフォームはこちら。まずはお気軽にお問合せ下さい