離婚の基礎知識

離婚をする方法

離婚は大きく分けて4種類の方法がございます。

一番のポイントは、相手方が離婚に同意しているかどうか。

これにより、ご自身がどの方法をとるか変わってくると思われます。

 

1.協議離婚

夫婦間の話し合いで離婚に合意して離婚届に署名捺印し、役場に提出することで離婚を成立させる方法です。

 

2.調停離婚

夫婦間で話し合いがつかなければ家庭裁判所に離婚調停を申し立て、調停委員を交えて話し合い、離婚を成立させる方法です。

 

3.審判離婚

調停で一方が離婚に合意しない場合、家庭裁判所の判断で職権により離婚を成立させる方法です。

 

4.裁判離婚

調停や審判で決着がつかない場合、一方が家庭裁判所に訴えをお越し、判決で離婚を成立させる方法です。

 

 

 

離婚の際に決めないといけないこと

離婚の際には、いくつか決めなければいけないことがございます。

 

1.お金に関すること

 ①財産分与をどのようにするか

 ②慰謝料を請求するか

 ③年金分割の合意をするか

 ④婚姻費用分担請求をするか

 

財産分与をどのようにするか、決める必要があります。原則として、夫婦が結婚生活中に双方の協力により取得した財産は、2分の1ずつ清算します。

また、離婚に伴う慰謝料は、財産分与とはまた別に請求することができます。

別居している場合は、相手方に対して生活費の請求ができます。

 

2.子どものこと

夫婦の間に子どもがいる場合は、次のことを決める必要があります。

 ①未成年の子どもの親権者、監護者をどちらにするか

 ②養育費の支払いについての取り決めをどうするか

 ③面接交渉(面会交流)の方法はどのようにするか

 

 

 

離婚とお金のこと


誰もが気になる、離婚とお金の問題をお伝えいたします。

知りたい項目を下記より、クリックしてください。

 

 

離婚と子どものこと


離婚問題で知らなければ損をする、離婚と子どもの問題の情報をお伝えいたします。

知りたい項目を下記より、クリックしてください。

 

不動産をお持ちの方


離婚に伴う不動産の分与は、税制度や金融機関が絡み合い、たくさんの専門的知識が必要な分野です。

是非一度、専門家にご相談ください。

 

 

 

協議離婚をお考えの方、一度ご相談ください。

女性司法書士が丁寧にお話をお伺いし、あなたの離婚問題の解決をお手伝い致します。初回の相談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

もちろん職務上守秘義務がございますので、安心してご相談ください。

 

お問合せフォームはこちら