財産分与について

離婚に際しては、「離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することが出来る」と民法で規定されています。

そのため、財産分与は、離婚に際していつでも問題となります。

 

 

財産分与の対象となる財産とは?

それでは、財産分与の対象となる財産とは、どのようなものでしょうか。

 

財産分与の対象となる財産

  • 婚姻中に夫婦の協力によって形成・蓄積された財産、いわゆる「共有財産」

 

財産分与の対象にならない財産

  • 婚姻前から各自の所有であった財産
  • 相続や遺贈で得た財産、いわゆる特有財産(婚姻後の相続・遺贈であっても、財産分与の対象とはなりません。)

 

 

財産分与は、どれくらいの割合で分けることができるのか?

財産分与は、原則として2分の1ずつ分けるようになってきています。

また慰謝料とは違い、相手方に故意・過失がない場合であっても、請求することが出来ます。

 

 

財産分与の期限

財産分与は、離婚後2年間のみ請求が可能です。ご注意ください。

 

 

関連情報


協議離婚をお考えの方、一度ご相談ください。

女性司法書士が丁寧にお話をお伺いし、あなたの離婚問題の解決をお手伝い致します。初回の相談は無料で行っておりますので、お気軽にご相談ください。

もちろん職務上守秘義務がございますので、安心してご相談ください。

 

お問合せフォームはこちら