年金分割について

年金分割については、誤解されている方が多いのですが、次の点にご注意ください。

 

  1. 夫の年金額が半分になるわけではありません。
  2. 夫婦双方が国民年金の場合には、年金分割は問題となりません。

 

年金分割とは、婚姻期間中の厚生年金(あるいは共済年金)の夫婦の保険料納付記録(払込保険料の総額のことです)を、当事者間で分割する制度です。合意によって、婚姻期間中の厚生年金(あるいは共済年金)の払込保険料を最大0.5の割合で分割することができます。

なお、平成20年4月以降は、自動的に夫婦の保険料納付記録は2分の1ずつに分割されます。平成20年3月までの分については、合意で分割する必要があります。

 

 

合意が成立しない場合は

合意が成立しない場合は、離婚当事者の一方が年金分割の審判を申し立てます。

裁判所は、多くの場合、2分の1ずつの割合で按分を決定します。

 

お問い合わせフォームはこちら。まずはお気軽にお問合せ下さい