【遺産分割】 退職金は遺産に含まれますか?

夫が亡くなりました。

夫が勤めていた会社から「死亡退職金」が振り込まれました。

これは相続財産として、遺産分割の対象になるのでしょうか。

 

夫には前妻との間に子どもがおり、その子にも死亡退職金を分ける必要があるのか心配です。 

 

A. 相続財産ではなく、遺産分割の対象とはなりません。受取人である遺族の財産です。

結論から申し上げますと、死亡退職金は相続財産ではなく、遺産分割の対象とはなりません。

受給権者である遺族(本件でいうと妻)が、固有の権利として取得するものであるとされています。

 

さらに詳しく

死亡退職金は、公務員や私企業の従業員が在職中に死亡した場合に、法律または私企業の退職金規定に基づき、遺族に給付されるものです。

その法的性質については、「遺族の生活保障を目的とするもの」「賃金の後払いとするもの」などがあります。

いくつか判例もございますが、いずれも遺産性を否定し、受給権者である遺族固有の権利であるととされています。

そのため、死亡退職金は、相続財産ではなく、遺産分割の対象とはならないと解されます。

 

 


関連ページ