【遺産分割】 死後に振り込まれた年金は、遺産分割の対象となりますか。

父が9月19日亡くなりました。

年金事務所に年金受給者死亡届を提出するのが遅れてしまい、10月15日になって、父の口座に年金が振り込まれてきました。

これは8月分、9月分の年金だから、父の遺産として遺産分割の対象としてよろしいでしょうか。

 

 

A. 死後に振り込まれた年金は「未支給年金」として扱い、遺産とはなりません。

年金支給は基本的に毎年2月、4月、6月、8月、10月、12月の偶数月に、前月と前々月の分が支給されます。

今回のケースでいうと、8月分と9月分の年金が、10月15日に振り込まれたわけです。

 

「未支給年金」とは、亡くなった年金受給者がまだ支給を受けていない年金のことです。

本来、年金受給者が亡くなった場合、年金の受給を停止する手続きを遺族が行います。その際に死亡届と同時に「未支給年金・保険給付請求書」を提出し、未払い金を受け取る手続きをします。

今回のケースでは未支給年金がたまたま支給されてしまっただけなので、あくまで未支給年金として取り扱います。

 

この未支給年金は、請求できる人が法律(年金法)で決まっています。亡くなった年金受給者と生計を同じくしていた者で、次の順位で受給する方が決まります。

①配偶者 ②子 ③父母 ④孫 ⑤祖父母 ⑥兄弟姉妹 ⑦①~⑥以外の3親等内の親族

 

未支給年金は年金受給者が生きていた月の年金を受給するので、相続財産なのではと考えられますが、年金法では相続とは関係なく、独自の立場で未支給年金の受給権者を定めています。判例(最高裁平成7年11月7日判決)においても、未支給年金は相続財産(遺産)ではないとの見解が出ています。

 

結論として、死後に振り込まれた年金(未支給年金)は、相続財産(遺産)ではないため、遺産分割の対象ともなりません。

受給資格のある遺族から未支給年金の請求手続きがなされなければ、死後に振り込まれた年金は不当利得として返納する必要があります。