空き家と相続の問題

「九州に実家がありますが、今は誰も住んでおらず空き家の状態です。

以前は父が一人暮らしをしていましたが、現在父は老人ホームにお世話になっています。

今後父が亡くなったら、私が相続するのでしょうか・・

私は関東に持ち家があるため、家は要りません。

遠方で管理もできないので、相続を放棄したいと考えています。」

 

実家の相続でお悩みの方へ

近頃、「実家(空き家)を相続したくない」というご相談が増えています。

理由として

「既に自分の家を持っていること」

「実家が遠方にあり、管理することが負担になること」

「空き家を取り壊すにもお金がかかってしまい、正直負の遺産であること」

等があげられます。

 

それでは、相続を放棄すれば、空き家を管理する必要はなくなるのでしょうか?

いいえ、そういうわけにはいきません。

 

相続放棄をしても、管理義務はなくならない!

民法という法律により、相続を放棄した人でも、次に相続財産を管理する人に引き継ぐまで、相続財産(本件でいう空き家)を放置することは出来ないと定められています。

 


【民法940条】

 

相続放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。


 

既に相続放棄をしていますので、あくまで「管理」をする立場であり、空き家を売ったり貸したりすること(処分行為)は出来ません。

 

仮に空き家が倒壊寸前の廃屋である場合、放置したことにより近隣に何らかの被害を与えてしまったときは、たとえ相続放棄をしていても、管理義務のある相続人が損害賠償責任を負う可能性があります。

 

 

次に管理する人に引き継ぐまで

相続放棄をする場合は、親族間で一斉に行うことが多いです。

そのため、他の相続人がすんなり空き家の管理を引き継いでくれるのか疑問です。

 

空き家の管理を続けることが難しい場合、裁判所に相続財産管理人の選任を申し立てることができます。

弁護士が選任されることが多いですが、その管理人に相続財産を引き継ぐことで、空き家を管理する義務を免れることができます。

ただし、申し立てに係る裁判費用は、申し立てする人が負担する覚悟が必要です。

 

当事務所では、相続財産管理人の選任申立も業務として行っております。お気軽にご相談ください。

 

まとめ

空き家の相続問題については、ただ単に相続放棄をするだけでは解決できません。

空き家のこと、相続のことでお悩みがありましたら、ぜひ専門家である司法書士にご相談ください。

司法書士は相続、不動産登記に関する専門家です。

皆様にとって、最適なアドバイスをご提供いたします。